CONCEPT |  OUTLINE |  ARTISTS |  EVENTS |  ACCESS |  CONTACTS & PRESS

 
CONCEPT

問題をかかえながらも、日々新たな価値観が生まれつつある現在の世界の中で、求められているのは、変化に対してより自由にフレキシブルに対応していける思考や感性を持ったサバイバーです。

遊びは現実のルールや約束事から私たちを解き放ち、ここにありながら、別の世界を体験することを可能にしてくれるヘテロトピアへの入り口に誘ってくれるプラクティスともいえます。

本展では、これまで国内であまり紹介されてこなかった作家を含め、若手と中堅作家9人を紹介します。絵画、彫刻、映像、グラフィティなど多様な表現によって彼らがつくりだす遊戯的空間は、〈状況を軽やかに変容させていく遊びの力〉を示唆するとともに、可変的な生のモデルへ鑑賞者を誘います。

本展のタイトル「Pⁿ—Powers of PLAY—」は、「P / PLAYのn乗」を意味しています。英語の「PLAY(遊び)」の頭文字の「P」を起点に、“Practice(実践する)”, “Pleasure(歓び)”, “Pop(ポップ)”, “Positivity(肯定的であること)”,などの言葉を、展覧会を訪れた人々が、言葉遊びのように自由に発想してくださることを期待しています。


With problems occurring and new values emerging every day, this contemporary world demands survivors with a certain sensitivity and the ability to adapt these changes in a free and flexible manner.

PLAY is a practice that invites us to enter heterotopia, a space that could release us from the rules and conventions of the real world, thereby allowing us to experience another world while staying in the real world.

This exhibition introduces 9 artists, both upcoming and established, of which some have not yet been widely introduced in Japan. The playful space that is produced through various ways of expression, such as painting, sculpture and graffiti, reintroduces visitors to the power that can effortlessly transform the weight of a situation; “Power of PLAY”.

The title of this exhibition, "Pⁿ—Powers of PLAY—", is derived from the word “PLAY”. The letter P also suggests “Practice”, “Pleasure”, “Pop”, etc. We hope visitors’ imagination can be triggered to enjoy the word play of P freely.