CONCEPT |  OUTLINE |  ARTISTS |  EVENTS |  ACCESS |  CONTACTS & PRESS

 
ARTISTS

江頭 誠

江頭 誠

Makoto EGASHIRA

1986年三重県生まれ。2011年多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業。戦後の日本で独自に普及してきた花柄の毛布を主な作品素材として用いて、大型の立体作品、空間性を活かしたインスタレーション作品を発表する。本展覧会では、鑑賞者が作品の中に入り、花柄の毛布で出来たスーツを着て一緒に集合写真を撮ることによってその中の一員になることができる。主な展覧会として、「六本木アートナイト2017 (六本木ヒルズ、2017)、「SICF17受賞者展」(スパイラルガーデン、2017)。主な個展として「あいまいな春」(Lamp Harajuku、2017)「Rose Blanket Collectionʼ16」(スパイラル1Fショーケース、 2016)がある。

Born in Mie in 1986. Graduated from Tama Art University in 2011, majored in sculpture. Egashira creates large size installations with flower patterned blankets which have been popularized in Japan after the World War II. In this exhibition, visitors can enter into Egashira’s works, wearing jacket made with flower patterned blankets while taking photos with the installation. Through this process, visitors become a part of this installation.


小野 耕石

小野 耕石

Kouseki ONO

1979年岡山県生まれ。2006年東京藝術大学修士課程絵画専攻版画科修了。シルクスクリーンの層を無数に刷り重ねる技法で構成された作品は、視点の移り変わりにより、 色彩のさまざまな変化を見せる。また、この平面作品から派生した立体作品も手掛ける。主な個展として、「波絵」(東京パブリシックハウス、2017)、「小野耕石展」(養清堂画廊、2016)、「小野耕石」(アートフロントギャラリー、2013)がある。主な受賞歴に「VOCA2015」VOCA 賞 (2015)、「PAT in Kyoto第2回京都版画トリエンナーレ2016」大賞(2016)がある。

Born in Okayama in 1979. Ono got his MA degree in printmaking at Tokyo University of the Arts in 2006. Ono creates silk screen printings by overlapping innumerable layers. These works show various changes in color with the moving of viewpoint. Ono’s works also include sculptures.


小畑 多丘

小畑 多丘

Taku OBATA

1980年埼玉県生まれ。自らもB-BOY(ブレイクダンサー)であり、その身体表現技術や躍動を彫刻でも精力的に表現し続ける。台座の無い木彫による人体と衣服の関係性や、B-BOYの身体性を通して生じる空間の変質について追求。緊張感と迫力あふれる作品を展開する。主な展覧会として、「NEW VISION SAITAMA 5 The Emerging Body」(埼玉県立近代美術館、2016)、「SIDE CORE 路-線-図」(GALLERY TRAX 山梨、2017)がある。

Born in Saitama in 1980. Obata is a sculpture artist and a B-BOY (break dancer). Obata continues to express break dancers’ body language and their dynamic performance through sculpture. To pursue the transformation of the space, he creates wooden sculptures without stand, developing the relationship between human bodies and clothes.


菅 亮平

菅 亮平

Ryohei KAN

1983年愛媛県生まれ。2016年東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。近年には美術館やギャラリーに特有の展示スペースであるホワイトキューブを題材とした平面作品や映像作品を発表する。出展作「Endless White Cube」では、仮想のホワイトキューブの迷路の中に鑑賞者を誘うような映像と、その迷路の地図を思わせるドローイングによって、鑑賞者の身体を仮想空間と現実空間との間に宙吊りにする。2013年に「ドイツ学術交流会奨学金(DAAD)」を受賞して以降、ミュンヘンと東京を拠点に活動。主な個展に「White Cube」(トーキョーワンダーサイト、2013)、「In the Walls」(資生堂ギャラリー、2017)などがある。

Born in Ehime in 1983. Kan has finished doctoral course at Tokyo University of the Arts in 2016. His work "Endless White Cube" is an installation with video work that invites people into the virtual white cube maze and drawing works that make people think of the map of the maze. Spectators bodies are suspended between the virtual space and the real space.


戸田 悠理

戸田 悠理

Yusuke TODA

1991年東京都生まれ。2015年多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。イメージの表面上のつながりとメタレヴェルの関係をテーマに、ネット上で収集した画像と、自らデザインしたイメージを組み合わせて絵画を制作する。例えば、「#(ハッシュタグ)」のシリーズは、SNS における検索用のタグに基づき、タグ付けされた多様なイメージを中心に、自らデザインした雲のイメージなどを加え、画像編集ソフトでそれらのイメージを編集、再構成し絵画に落とし込んでいる。2015 年福沢一郎賞受賞、同年シェル美術賞入選。

Born in Tokyo in 1991. Graduated from Tama Art University 2015 majored in oil painting. The theme of Toda’s works is the relationships between images’ connection at surface level and meta-level. Toda creates paintings by combining images gathered on the Internet and images designed by himself. The series of "# (hash tag)" is based on tags used for searching on SNS. Toda collages the images collected on internet which have the same tag by software. The outcome digital images then become the base of Toda’s paintings.


堀内 悠希

堀内 悠希

Yuuki HORIUCHI

1990年奈良県生まれ。2018年東京藝術大学大学院修士課程絵画専攻油画修了見込。点を線で繋ぎ、同じ図像を何度も描くなどのドローイングやインスタレーションを制作。単純な行為や仕組みを基盤としながらも、本来の用法や性質からわざと逸脱させ、一見無関係なもの同士をオーバーラップさせることで、思いもよらないイメージを出現させる。2016年にグラスゴースクールオブアート(イギリス)にて学ぶ。最近の展示に、2018年2月「漂白する私性漂泊する詩性」(横浜市民ギャラリー)、2017年「ゲンビどこでも企画公募」(広島市現代美術館)などがある。2015年東京藝術大学油画専攻買い上げ賞受賞。

Born in Nara in 1990. She will graduate from Tokyo University of the Arts with master degree in 2018. By repeating simple actions and tricks, Horiuchi employs materials out of their original usages or natures, which lead to unexpected images as results. Horiuchi has also studied abroad at Glasgow School of Art in 2016.


水田 寛

水田 寛

Hiroshi MIZUTA

1982年大阪府生まれ。2008 年京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。認識の不確定さをテーマに、要らなくなった習作や、失敗作などの絵画をトリミングした後の切れ端を縫合し、キャンバスとして、その上に新たに別のイメージを描き込 むことで絵画を制作する。主な展覧会として、「水田寛 展 鳴らない太鼓」(MEM、2017)、「水田寛 展 腰を折られた話たち」(ギャラリー恵風、2016)、「PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭特別連携プログラム, still moving,」(京都市立芸術大学ギャラリー@KUCA、2015)がある。

Born in Osaka in 1982. Mizuta got his master degree at Kyoto City University of Arts in 2008. With the theme of uncertainty of recognition, Mizuta creates his works by painting on the sewed cut ends of his past paintings including failed works and drafts together. By painting on the sewed canvas constructed by past works, Mizuta connects multiple layers of both reality and illusion as a whole.


テンガワン

テンガワン

TENGAone

1977 年生まれ。東京を拠点に活動するグラフィティライター、ストリートアーティスト。日常にある些細な「怒り」、育った環境の「寂しさ」、ストリートでの経験から感じた「人間の矛盾」をテーマに、スプレー缶の高度なテクニックで、壁画、絵画、立体を制作する。2008 年、米・ロサンゼルスにて行われた Walt Disney 主催の企画展「BLOC28」へ、 アジアからの招聘アーティストとして参加。2015 年、2016 年には ART FAIR TOKYO に 参加。2017 年には個展『Fabrication』(BLOCK HOUSE 東京)を開催。

Born in 1977, TENGAone is a Tokyo-based graffiti writer, street artist. Experienced anger and loneliness in his past life, "The contradiction of human" has become the theme of TENGAone’s works. With advanced techniques of applying spray cans, TENGAone creates various kind of works including frescos, paintings and sculptures.


江頭 誠

シャナ・モールトン

Shana MOULTON

1976年カリフォルニア生まれ。映像の中で仮想のキャラクターである「シンシア」を演じることでネット社会における身体感覚の在り方について提示する。作品内においてあらゆるマテリアルは物理法則を無視して繋がっていき、シャナの身体もまたマテリアルとして描かれる。また、カラフルでサイケデリックなパフォーマンスを用いて、シュルレアリスム的な世界観をつくりあげることで、これらの問題をユーモラスに提示する作品を制作する。MoMA P.S.1(ニューヨーク)、The Kitchen(ニューヨーク)、 Art in General(ニューヨーク)などで個展やパフォーマンスを行う。

Born in California in 1976. Shana Moulton is a media artist who explores contemporary anxieties through her works. By performing as her filmic alter ego, Cynthia, Moulton presents us with a humorous and surrealistic world full of her colorful and psychedelic imagination.